過去の技術と現代の技術の融合

Barsha

過去、昔の技術というのは、現代から比べると遅れています。何百年、何千年も昔なので当たり前です。

しかし、日本が縄文時代や弥生時代のころ、つまり数千年も前の技術と考えると、それは大変な技術だなと思うことがあります。

続きを読む

都市は水没するのか!?

Jakarta

都市は上下水道が整備されていますので、人々は生活しやすく、衛生面でも伝染病などの危険性が低くなっています。

整備された上下水道は良いですが、地下から水をくみ上げ続けたとしたら、最後はどうなると思いますか?

続きを読む

最新式の下水道管

daku

下水道管の老朽化という問題が懸念されています。普段は目にみえない下水道管。

下水道管をつくるメーカーもだまって老朽化を見過ごしている訳ではありません。

続きを読む

パリの下水道博物館

pari

下水道。という名前から想像してもわかるように、下の水道ですから、地下にもぐっている下水道な訳ですが、

巨大な都市ともなれば、その地下には迷路のように下水道が流れています。そんな下水の世界をご紹介してみたいと思います。

続きを読む

豊臣秀吉が整備した太閤下水

taikogesui

1583年(天正11年)。

豊臣秀吉が大阪城の築城を開始しました。

汚水や雨水をどう処理するかは古今東西を問わず、都市の重要な課題であり、

秀吉も新都市・大坂を建設する際、そうした水問題を重視していました。

特に戦で水攻めを得意としていた秀吉は、淀川で治水を手がけるなど、

「水」の扱いに卓越しており、『太閤下水』というものを作り出しました。

 

太閤下水は、道路に面した住宅や商店の裏側に下水溝を掘り、堀川につなげます。

ふだんは堀川に汚水を流していますが、大雨の時は下水溝が放水路としての役割も

果たし、洪水を防ぐこともできる。という都市排水機能も確立しています。

 

太閤下水を有名にした要因。それは、寿命と規模です。

 

江戸時代になっても拡張され続け、石垣での強度化を測り、底をU字形にして

流れを良くして石ぶたをかぶせるなど改良を進めました。

その結果、太閤下水は修復を繰り返しながら、その役割をまっとうしつづけ、

いまでも船場地区などで、約20キロが実際に使用されており、もちろん、

現役では国内最古の下水溝となっています。

 

また規模ですが、1889年には長さが約350キロに達したといわれています。

なんと、東京から名古屋までの長さです。

どれほど複雑に、かつ隅々まで張り巡らされていたのがわかります。

 

太閤下水がつくられてから約400年。

シンプルながらも、下水溝としての機能をしっかりと備えたシステムは、

下水排水に多額の予算をかけることができない新興国にとっては、

非常に重宝される技術となるはずです。

 

古き良きものを活かしつつ、それをより良くしていく。

本来あるべきイノベーションのカタチだと思います。

世界最古の下水処理はいつでしょう?

mohe

世界で最も古いと考えられている下水処理施設があります。何年前のものでしょうか?

日本にはまだ文明と呼べるものがなかった遥か遠い時代。すでに世界のある国では下水処理システムが構築されていたんです。

続きを読む

ごみ焼却施設の老朽化について

07-08??

みなさまが住んでいる地域にも、高くて太い煙突。そして、青とか、水色とか、緑とか、さわやかさを意識した謎のペイント。

そう。みなさんが日々捨てているゴミを燃やしてくれるゴミ処理施設があると思います。

続きを読む

蓄電できる太陽光発電で広がる可能性

141007

あの原発事故以降、太陽光発電が政府によって推進され、ソフトバンクの孫さんも大規模な発電を開始し、過疎化が進んだ地域では、平地や山を切り開いて太陽光パネルが設置されています。

そこに問題点はないのでしょうか?

続きを読む

遺伝子組み換えによる食糧増産(本当の目的)

toumorokosi

国連の予想によりますと、2050年まで、あと35年ほどで世界の人口は20億人増える見込みです。

増加する人口の5割はサハラ砂漠以南のアフリカ諸国。3割は南アジアと東南アジアが占めるらしく、偏った地域で人口が増えることによる食糧不足が懸念されています。

続きを読む

電気自動車(EV)のゴミ収集車が登場しました!

gomis

いよいよですね。電気自動車(EV)のゴミ収集車が登場しました。

いまの電気自動車の勢いと、大気汚染への配慮、そして業者から見たコスト面のメリット。

EVが流行るのには、いろいろな要素があると思いますが、どれもポジティブですね。

 

今月、アメリカのシカゴでEVのゴミ収集車が登場しました。

Motivという企業(EVバスをリリース)が開発を行っています。

9000kgのゴミを回収しながら、毎日97kmを走ることができるらしいので、ゴミ収集車の機能としては、充分、通常の使用に耐えられる仕様です。

逆にゴミ収集車のサイズが大きすぎて、日本国内で考えれば、もう少しサイズを小さくして、小回りがきくようにできれば、相当のシェアを獲得できると思います。

 

理由は3つありまして、

1.高騰し続ける燃料費(ガソリン代)を削減できる

2.ゴミ収集はルートなので毎日同じ距離しか走行しない(充電切れの心配がない)

3.回収時の騒音トラブルをある程度クリアできる

実際、国内で発売されれば、わたくしどもも、購入したいと思っているぐらいです。

 

わたくしどものような会社が、ゴミ収集車のEV化をすることの影響は小さいとは思います。

しかしながら、そういった行為を皮切りに、国内で一番ガソリンを消費しているであろう運搬業界やタクシー業界にEVの波が広がるかもしれません。

また、日本のみならず、中国や発展途上国にもEVの波が広がれば、大気汚染物質PM2.5による健康被害の影響も抑えられ、子供たちの健康を害することも減りそうです。

 

海外と比較すると、国内でのEV展開が遅れているな~。という印象がありませんか?

これは本当かウソか、都市伝説みたいな噂がありまして、

国内の中小企業は、ガソリン自動車関連の部品制作を主事業としている中小企業が多く、EV化が一気に進むと、そういった中小企業が軒並み倒産してしまい、国内の景気が悪化してしまう。

という話を聞いたことがありますが、もし本当だとしたら、『木を見て森を見ず』ですよね。

目先の国内利益ではなく、将来の子供たちにとってどちらが正しいのか?

より長期的に、より全体的に、より本質的に、物事を判断していきたいと思います。