EV(電気自動車)ビッグウェーブがきてます!

yokohama

テスラ自動車のイーロン・マスク氏が日本にきましたね。

電気自動車のテスラを日本でも本格的に拡大するためなのか、トヨタ自動車との何かしらの交渉を行うためか、他の目的もいろいろあったと思いますが、何にせよ、さらに多くの国民がテスラという走りが魅力の電気自動車に注目するきっかけとなりました。

続きを読む

電気自動車で伊豆まで行ってきました!

nissanleaf

最近は電気自動車が走っているのを目にするようになりましたね、個人的にも関心を持っているところです。

実は無料での試乗モニターを募集というのがあったので、日産のリーフを試乗してみました。いろいろと気づいたことがありました。

続きを読む

石油系合成界面活性剤と浄化槽の関係

natto

石油系の合成界面活性剤は微生物が分解しにくいので、河川や海水の汚れにつながってしまう。

ということを記事で目にすることがありますが、はたして浄化槽に与える影響はどうでしょうか?

続きを読む

日本のバイオトイレ技術がすごい!

bio

ペルーといえば「マチュピチュ」やインカ帝国時代の遺跡群が残る「クスコ市街」や「ナスカの地上絵」など、

たくさんの世界遺産があることで有名ですが、日本からははるか遠く。。。

そんなペルーになんとバイオトイレを輸出する日本の企業があります。

続きを読む

インフラの老朽化という問題

gesui

高度経済成長期、日本という国自体が豊かであり、その結果、国の収入である税金が豊富であったことは間違いないと思います。

その豊富な税金を使うことで、公共事業を通じて、日本のインフラはどんどん拡充されていきました。高速道路、水道管、下水管、箱モノと呼ばれる公共施設。無駄遣いという意見はありますが、良くも悪くも、住みやすい便利な国になりました。

無尽蔵に増えていったインフラ。それが現在、インフラの改修にかかる費用を税金でカバーできるのか?という問題が生じてきています。

例えば、水道管。2020年からの5年間で、年間1兆円の改修費用が必要になると試算されています。

人口が減っていくので、水道管の改修に必要な費用を捻出するため、水道料金は確実に上がっていくことでしょう。

それでも、人口が減少してしまった地域では、果たして改修する費用を捻出することができるのでしょうか?

耐用年数が40年といわれている水道管。果たしてどれだけの水道管を改修することができるのでしょうか?

なにも水道管をつくるのが悪いと言っているわけではありません。インフラを構築していくことは大事なことですが、インフラを闇雲に建設するだけではなく、その後の維持管理まで考えていかないと、改修費用にかかる問題は必ず生じてきてしまうことでしょう。

わたくしどもは日々、浄化槽の清掃、トイレのくみ取りをしています。下水管についても、大きな改修費用が生じてきています。大規模な下水管のシステムが日本全国に構築されているからです。それを維持していくだけでも大変な費用ですが、改修となるとその費用は莫大なものになってしまいます。水道管と同様に、近い将来、現在の下水管に限界がきてしまうことでしょう。

そう考えると、自宅で出した生活排水を自宅できれいに処理する。いわゆる浄化槽ですが、あらためて浄化槽というシステムは素晴らしい発明だと感じています。どんどん浄化槽が減り、下水管への接続が進んでいる地域が多いですが、ちゃんと将来の下水管の維持管理費用まで考慮しているのであれば良いのですが…。

植物工場の輝かしい未来

kojo

農業には大量の水が必要です。

農作物には種を蒔いたときから、収穫するときまで、土が乾かないぐらいのタイミングで水をあげ続けなくてはなりません。

続きを読む

富士山のトイレ汚水はどうするの?

hujisan

富士山のような高い山ででる汚水やトイレの排水はどうするのでしょうか?

バキュームカーがいける場所であれば、浄化槽にためておいて、汲み取りをすれば良いのですが、富士山の山頂までバキュームカーがいけるはずもありませんよね。

続きを読む